ISP事業者ならではの
IPv6接続サービス

朝日ネットは自らもISP事業者として、IPv6サービスをエンドユーザーに提供しています。

事業者ならではのカスタマーサポートや効率的な運用など、実際のオペレーションノウハウを「v6 コネクト」にフィードバック。

IPv6インターネット接続はどこでも同じではありません。朝日ネットだから、できること、わかることがあります。

「v6 コネクト」とは

「v6 コネクト」は、NTT東日本・NTT西日本の提供するフレッツ 光ネクストを利用した、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続サービスです。オプションメニューにはIPv4インターネット接続(※)等もご用意しています。

「v6 コネクト」の導入により、貴社接続サービスにおけるトラフィックをPPPoEからIPoEにシフトすることで、PPPoEとの二重仕入れを避けコストの最適化が図れるともに、接続サービス品質の適切な維持管理を実現します。

※IPv4 over IPv6により、IPv6インターネット上でIPv4インターネット接続を行います。

「v6 コネクト」の特長

IPv4 over IPv6

IPv6に加え、IPv4も

IPv6接続に加え、IPv4接続もご利用いただけます。IPv4接続は、プロバイダ情報等の入力不要ですぐに接続できるDS-Lite方式と、既存のPPPoEIPv4接続で使用していたIPアドレスをそのままご利用いただけるIPIP方式の2種類をご用意しています。

下り帯域制御

総合満足度No.1の高品質

第三者機関による調査において満足度No.1を獲得している朝日ネットのISPサービス(ASAHIネット)。その高品質を支える、ネットワーク構築技術、設備構築ノウハウ、帯域のコントロール技術は「v6 コネクト」においても存分に活かされています。

朝日ネットで、ALL in One

朝日ネットで、ALL in One

ネットワークの構築と運用を一括して朝日ネットにお任せいただくことが可能です。新たな設備の準備も必要なく、低コスト・スムーズにエンドユーザーへご提供いただけます。

v6コネクト

例えば、マンションシェアード事業者様にとって
「v6 コネクト」は運用の手間・コストなども含めて、
最適なサービスです。
ぜひ、ご相談ください。

v6コネクトに相談する

サービス構成

サービス構成図

■ 基本サービス

IPv6接続 IPoE方式によるIPv6インターネット接続機能

■ オプション

IPv4 over IPv6 接続(DS-Lite) DS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能
IPv4 over IPv6 接続(固定IP) IPIP方式によるIPv4 over IPv6接続機能(※1)

※1 RFC2473: Generic Packet Tunneling in IPv6 Specification

サービス料金

ISP事業を行う事業者だからこそ、効率的で、コストパフォーマンスの高いプランニングを行います。
まずは、お問い合わせください。

v6コネクトに相談する

利用開始までの流れ

1

STEP1お問い合わせ来訪ヒアリング

  • ご質問、ご検討にあたっては、こちらからお問い合わせをお願いします。
  • 弊社担当がご説明、御社のご希望・環境のヒアリングにお伺いします。
2

STEP2サービス導入プランのご提案

  • 御社のご利用目的・導入規模にとって最適なプラン・契約条件をご提案いたします。
  • 必要に応じてNDA(守秘義務契約)を締結した上で、各種仕様とご提供料金を提示します。
3

STEP3基本契約の締結

  • ご提案の導入プランにご了解いただけたところで、サービス利用契約の締結を行います。
4

STEP4接続環境の構築と整備

  • お客様側で接続環境を構築するとともに、朝日ネットでネットワーク設定を行います。
     (お客様の利用環境によりますが、最長で約1ヶ月程度のお時間をいただきます)
5

STEP5サービスのご利用開始

  • 利用開始の手続きが完了いたしましたら、サービス提供を開始いたします。
  • ご利用の状況を鑑み、さらなる改善プランのご提案、オプション追加もご提案いたします。

お問い合わせ

に関するお問い合わせは、
WEBフォーム・お電話にて、お気軽にご連絡ください。

03-3541-1901
お問い合わせフォーム